プラセンタ入りの化粧品でアンチエイジングケア│老けからガード

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性

みずみずしい肌を作る

女性

洗顔後に真っ先に使う基礎化粧品が化粧水です。 効果的に肌に水分を与えることができて、角質層をみずみずしく保つ作用があります。 肌の水分バランスを整えるという重要な役割を持っていて、後から使う美容液などの化粧品の浸透力を高める働きをしています。 保湿には水分が欠かせませんから、化粧水で充分に水分を与えることで、保湿成分がその水分を蓄積したり挟み込んだりして、肌を乾燥から守ってくれて、みずみずしく潤いのある肌を維持するのに役立ちます。 また、化粧水自体にも保湿成分が配合されていますから、その成分を水分と一緒に肌の奥へ届ける役目も担っています。 洗顔後は肌が無防備な状態で水分が蒸発しやすくなっていますから、すぐに化粧水で保湿するようにしましょう。

化粧水を付ける方法にはコットンで付ける方法と、手で付ける方法の二種類があります。 コットンで付ける時のメリットとは、均一にむらなく付けることができて、充分に水分と美容成分を浸透させることができます。 また、手で付ける場合のメリットは、コットンでの摩擦を防いで、肌に優しく付けることができます。 手で充分に温めて付けることにより、体温で浸透力をアップさせることができます。 どちらにもメリットがありますから、自分に合った方法で付けるのが良いでしょう。 注意点としては、パッティングのしすぎやこすったり力を入れたりせず、優しくなじませるように付けるのがポイントです。 また、乾燥しやすい目元や口元などは、重ね付けしてあげてたっぷりと保湿するようにしましょう。